シミ対策の基本は紫外線対策をして新たなシミの予防をすること

ニキビ跡がシミに

本格的にメイクを始めた18歳くらいからちっちゃなシミができてきました。

はじめはニキビ跡だと思いすぐ治ると気にしていなかったのですが、成人式の時にメイクさんに立派なシミになっちゃったねぇと言われて、それがシミで治らないのだと自覚しました。

言われてみて初めて、じっくり自分のシミを見てみました。

ちょうど頬の部分に転々と、そばかすくらいのちっちゃなシミで両頬にありました。小さいシミでしたが、色は赤茶色でけっこう濃い目でした。

シミなんておばさんのなるものだと考えていたので、こんなに若くしてシミができるなんて信じられませんでした。

シミについてネットで情報を見て、多くの女性が治らなくて困っているのだと知り、とてもショックでした。

紫外線対策をしっかりと実施

ネットでシミについて調べると、加齢や紫外線によるダメージが原因だと書かれていました。

私はまだ20歳だったので、すぐに紫外線対策を始めました。

日焼け止めクリームは、古くなると効果が薄くなるどころか肌にダメージを与えるそうなので、毎年夏に新しいモノを買うようにしました。

学生だったので、リーズナブルなビオレを愛用しました。

2年くらい続けてもあまりシミが薄くならなかったので、オールシーズン使える日焼け止めを使い始めました。

とにかくガッツリ日焼け止めを塗って、これ以上シミを増やさないよう心がけました。

ファンデーションも、添加物等から肌がダメージを受けてシミができやすくなるとの広告を見たので、添加物・オイルフリーのエテュセのものを使うようにしました。

ただカバー力はあまりなかったので、ファシオのコンシーラーでシミを隠していました。

洗顔もシミが薄くなると定評のあった、お茶石鹸を愛用していました。

予防をすることが大事

日焼け止めによるシミの抑制効果はあったと感じています。

日焼け止めをガッツリ塗り始めてから10年くらいは、特にシミも増えず大きくなる様子もなかったです。

しかし、30代に入って肌質が変わったせいか、今度は毛穴の開きが気になるようになりました。

日焼け止めで毛穴を塞いできたツケなのかなって思います。しかも30歳の時にグアムに旅行に行って、7日間ビーチで遊んでいたらまた新たなシミができてしまいました。

結構しっかりと塗っていたのですが、さすがに全ての紫外線をシャットアウトはできなかったようです。

ケシミンクリームや美白用クリームも試してみましたが、特に効果はなかったように思えます。

肌のくすみを取るというお茶石鹸は、洗いあがりの肌がワントーン明るくなり、水分量を保っているうちは割りとシミも目立たなくなる気がします。

やっぱりシミはできてしまう前に、紫外線対策をしてしっかりと予防をすることが大事だと思いました。

↑ PAGE TOP

サイトマップ